理解しよう

不動産担保ローンは不動産投資を行う際には欠かせない資金調達手段です。不動産は高額であるため購入資金を全額自前で準備しようとすると大変ですが、不動産担保ローンを活用すれば少ない自己資金で投資を始める事が可能です。多額の負債を負うのを躊躇する人も多いですが、不動産ローンにはあまり知られていないメリットが多くあります。まず第一に不動産担保ローンを借りる際には団体信用生命保険に加入するのが一般的であり、債務者に万が一の事があった場合でも債務者の家族に負債が残らない仕組みになっているという点です。また、融資の返済に際して支払う利息については税務上損金算入が可能であるため、節税対策としても使えるというメリットがあるのです。

不動産担保ローンを活用した不動産投資で少しでも高いリターンを得るためには、可能な限り低い金利のローンを引っ張る必要があります。この点、低い金利の適用を受けるために出来る工夫の一つとして、独立した不動産鑑定評価士から鑑定レポートを取得しておくという事があります。融資を行う金融機関は担保に差し入れられる不動産の価格が高ければ高いほど、融資のリスクは低いと考えて低い金利レートを適用します。しかし、金融機関は不動産の専門家ではないのでどうしても担保物件の査定を保守的に行い、低い評価額を算出する傾向があります。そこで融資調達前に、不動産の専門家から鑑定評価レポートを取得しておく事によって、金融機関による評価額の適正化を促すことが出来るのです。

代行会社の利用

コストを抑えることはどのような場合でも重要なのですが、一括で決済を任せることができる決済代行会社を選ぶ時は特にコストパフォーマンスを確認しておく必要があります。

Read more

代行サービスの特徴

決済代行サービスは近年、重要視されている魅力的なサービスとなっています。決済代行サービスを利用することでクレジットカードやコンビニ決済などを一括で行なうことができるのでとても魅力的です。

Read more

需要が増えている

現代でこそ多くの人が一般的に利用している不動産担保ローンですが、一昔前までは利用する人が少ないローンでした。今は昔に比べてリスクに怯える人が少ないので気軽に利用する人が増えています。

Read more